TOP > 歴代受賞作品 > 第17回 ライトノベル ファミ通文庫部門
歴代受賞作品
インフォメーション
応募総数
652作品
最終選考候補
5作品
選考委員
三谷 光(株式会社KADOKAWA エンターブレイン事業局 局次長)、河西恵子(株式会社KADOKAWA エンタテインメントノベル局 第二編集部部長)、ファミ通文庫編集部
総評
河西恵子
(第二編集部部長)
今年から開始したWEB投稿の応募数が思いのほか多く、応募しやすくなったのかなというのが第一印象です。最近人気のWEB小説によく見受けられる「異世界転生」「職業物ファンタジー」はそれほど多くなく、「学園ラブコメ」「部活もの」やファミ通文庫定番の「青春エンタメ系」作品がきちんとあったことに一安心しました。ですが、そろそろ年齢的にもラノべを読んで育った作者がラノベを書いているのだろうと思う内容が多く、そういった定番ラノべらしいジャンルのものは、キャラ作りやツボは押さえているものの、目新しさがなかったのが残念です。結果、受賞作はすべて、アイデアに工夫、ひねりの見られたファンタジー系4作品を選ばせていただきました。
受賞作品
◆優秀賞
『エンデンブルクの花嫁』
★作者:水城みなも(みずきみなも)
プロフィール:幼少期、親の仕事の都合で、北は青森八戸から、南は沖縄那覇まで、各地を転々。そのため、軽くハイマートローゼに。その結果、「幼なじみ」に対して過剰な幻想を抱いたまま、現在に至る。
★受賞者コメント
先の見えない投稿生活をおくる中、拾っていただき、関係者の皆様方、ありがとうございます。次なる目標として、アニメ化を目指して、一冊、一冊、今の気持ちを忘れずに、書いていきたいと思います。
★作品内容
人魚が支配する海の国。エルフが支配する森の国。そして帝国。三国の緩衝地帯として生き延びるも、経済的に頭打ちになっていた小国エンデンブルク。その若き国王スレンは、商業同盟と持参金を狙った政略結婚を画策するのだが――。花嫁となった人魚のヴィアとエルフのエユラン、二人の仲は最悪で、スレンにも反発する態度を隠さない。だがスレンの、王として民を思う姿勢に次第に心を許すようになっていた。そんな折、帝国のブレロ外交官が来訪し、宴を要求する。ヴィアとエユランも協力し、宴を盛り上げようとしたのだが……ブレロ外交官の花嫁への横暴ぶりにスレンが怒り、帝国に宣戦布告する羽目になり――! 美しき花嫁たちに導かれるエンデンブルク興亡史、登場!
【選評】川崎拓也(ファミ通文庫編集長)
世界観、キャラクター、ストーリーのバランスが非常に良かった作品です。特に花嫁二人と幼馴染のメイドのヒロイン三人がそれぞれ差別化の図られた造形で魅力的に描かれている点を高く評価しました。エルフ! 人魚!! 幼馴染メイド!!! 加えて、主人公スレンにも好感が持てる、嫌味のないハーレムにできていたことも重要だったと思います。また、ストーリー展開でも読者の期待を裏切らないよう意識されているところが高い評価につながりました。
◆特別賞
『くすぐり闘士の無魔術戦記(ゼロ・レコード)』
★作者:仁科朝丸(にしなあさまる)
プロフィール:長崎生まれ関東在住。やわらかい方の皿うどんとコーヒー牛乳、アドベンチャーゲームが好き。小説家の道を志して数年、仕事と並行して投稿を続けていたところ今回の賞を頂く。
★受賞者コメント
受賞のご連絡を頂いた時、驚きすぎてかえって平静だったので、電話を切ってからワンテンポ遅れて一人で大はしゃぎし、隣室の住人に壁を殴られました。喜びは胸に秘めて、頑張っていきます。
★作品内容
『魔力なし』として生まれ、差別を受けてきた少年ソーヤ。彼はとある理由から魔力を持たないにもかかわらず国内有数の魔術学院へと入学する。そんな彼が魔法に対抗するために身につけた技術とは――"くすぐり"だった! 瞬時に間合いに入り、相手が魔法を使う前に、超絶くすぐり技巧で詠唱を妨害、そして相手の戦意が喪失するまで容赦なくまさぐる――変態と紙一重の技法である。ソーヤは入学早々に魔術師六祖が一つ、炎魔法の名門バーシュメルド家の少女ルルファにバカにされたことから、対決することになり――。ソーヤは次々と現れる魔術師たちを、魔法を使わずして打ち倒すことができるのか!? 美少女たちをあの手この手でくすぐり倒す限界ギリギリバトルファンタジー!
【選評】川崎拓也(ファミ通文庫編集長)
触れた相手に魔法を唱えさせる間を与えないほどの"くすぐり"技巧を駆使して必ず勝つ!という、一見色物的な作品ではありますが、それだけで収まっている作品ではありませんでした。とにかくその突き抜け方が素晴らしく、読んでいて爽快感を覚える楽しい物語でした。また、主人公は常に真面目にくすぐっているというギャップや、毎度主人公に挑んでは轟沈するヒロインなど、キャラクター造形でも秀でていた点も評価しました。
◆特別賞
『スーパーな男』
★作者:柏木サトシ(かしわぎさとし)
プロフィール:昭和生まれ、千葉県在住。漫画家目指して活動していたが挫折、それでもクリエイターになる夢を諦めきれず小説の道へ。数年間の活動を経て受賞。他にも小説投稿サイト、小説家になろうにも作品を発表中。
★受賞者コメント
自分の書いた作品が受賞したと聞いた時、ここに至るまでの様々な苦労を思い出し、諦めずに活動を続けてよかったと心から安堵しました。ですが同時に、ここは次の出発点だと改めて身を引き締め直しました。
★作品内容
大学受験に失敗した住良木勇悟は父親が経営するスーパーマーケットで店長代理として働いていた。しかしそこに居場所はなく、日々不満は募るばかり。そんなある日勇悟は帰宅途中の電車で居眠りしてしまい、目を覚ますと異世界に! 突然の事に驚いていると、女騎士エリスと彼女の主であるソレイユが現れ、「寂れた商業地区の活気を取り戻すため、知恵を貸して欲しい」と、勇悟は助けを求められる。力を貸す事を決めた勇悟は、経験と知識を元に総菜を作ったり、新聞への折り込みチラシやタイムセールを行うなど周囲が驚く案を打ち出し、見事地区は活気を取り戻していくのだが――!? 現代知識無双系ファンタジー、登場!!
【選評】川崎拓也(ファミ通文庫編集長)
異世界転移系のツボを押さえた作品作りを評価しました。バトル要素もあるにはありますが、相手よりどれだけ売上げを上げるのかという勝負で、しかもその勝負が盛り上がってしまうという非常に楽しい作品でした。異世界の人々も魅力的で、主人公ががんばるのも納得できました。そしてなにより物語のキーアイテムである「お惣菜」が美味しそう! 読んでいて、お腹の空く作品という点では今回ダントツで1位でした。
◆特別賞
『ブサイクですけど何か?』
★作者:黒沼シハル(くろぬましはる)
プロフィール:平成6年生まれ。長崎県在住。ピチピチの大学生。数々の映画作品に魅了され、創作意欲に支配される。なぜかライトノベルという形でそれを発揮させ、今現在ハッピーな結果に。やったぜ(・∀・)
★受賞者コメント
この度は栄えある賞を受賞させていただき、ありがとうございます。これからは、自己満足するためだけでなく、読者の皆様も満足させられるような作品を生み出すためにも精進しますので、よろしくお願い致します。
★作品内容
かつて魔王サタンを倒した、身も心も美しい二人の英雄の元に生まれた息子、ルクス・アーデル。最高の頭脳、能力、魔力を受け継いだサラブレッドだが、顔だけは逆方向に最高のブサイクだった。そのビジュアル故にひねくれてしまい、学校でも一人で過ごすルクスの前に、盲目の美少女転校生、シーナが現れる。シーナはルクスの不遜な態度の中に垣間見える優しさを「格好いい」と褒めるが、それが自分のブサイクさをシーナに拝ませたいという、ルクスの間違ったやる気に火をつけることに!? シーナの目にかけられた呪いを解くため、二人は魔界へと旅立つ!! ラノべ史上最強の劇薬ブサイクが贈る、驚愕のバトルファンタジー!!
【選評】川崎拓也(ファミ通文庫編集長)
主人公が空前絶後のブサイクという設定に、最終選考で編集部の意見が割れた作品でした。果たしてこの作品はライトノベルとして大丈夫なのか――? しかし、そんな心配よりも作品の面白さを優先してしまうのがファミ通文庫であります。テンポの良い主人公の語り口に裏付けられた確かなギャグセンスを評価しました。それはアウトでは!?と思わせられるほどのラインギリギリを攻めて"笑い"をむしり取っていくスタイルを今後も期待したいと思います。