サポート

新世黙示録 改定ルール 追補ルール

改定ルールはよりゲームのバランスを取るために生まれたものです。これを使用するときは、GMはあらかじめプレイヤーに通達してください。またGMには、これを採択するかしないかの権限があります。

ページ 項目 新ルール 旧ルール
80 仮想空間での肉体 仮想空間ではHPを無視する。超常体もHPを持たない。
EP=0になると、戻れる回路がつながっていれば、肉体に戻される。そうでない場合、魂も仮想世界に縛られたまま、肉体は酸素吸入無しでは生きられない状態となる。
設定によっては映画『マトリクス』のような閉鎖された仮想世界も可能である。つまり、離れた肉体のHPも計算に入れることができ、ダメージはHPにも影響するというものである。
81 エーテル界での肉体 エーテル界ではHPを無視する。超常体もHPを持たない。
EP0になると、その世界の設定やパーティーの置かれた状況により現実に引き戻されるか、エーテル体と肉体は切り離されて、肉体は酸素吸入無しには生きていけない。
HPとEPが逆転する。
81 アストラル界での肉体 アストラル界ではHP、EPを無視する。EP消費の術や技は、APを消費する。
超常体もEPを持たない。
EPを持ち込める。
91 APの回復 APの回復のタイミングは、EPと同じように1時間休むことで現APを判定値に成功度分回復する。
APは戦闘中の1ターンの集中によって、現APを判定値に成功度分回復する。
GMは、パーティーの状態を鑑み、ヒーリングスポットを発見させるなどで、状態を回復させてやるか、AP回復アイテムを必需品とする。
APは10分休むと全回復する。
APは、戦闘中の1ターンの休憩によって、現APを判定値に成功度分回復する。
120 オンラインでの判定方法 オンラインでは、次の選択ルールを用いられる。何度もダイスを振ると、サーバーに負担を掛けて大概重くなるからだ。
オンラインの判定では、一度にダイスを振って振り足しなしとする。
ダイスの結果バーストしても、霊格分、後のダイスを振らなかったことにできる。
フィーヴァー・チャンスでは振り足しは可能である。
135 幻覚 【幻覚】の効果には技能の方で言及されているが、コンディションとして記述されては居ない。
他のコンディションと同じように、成功度が難度となる。
回復チェックでは【意思チェック】によって回復する。
【幻覚】は魔法によってかかるもので、精神回復系の魔法で回復できる。
GMはこうした基本的なルールを守り、独自に特殊なコンディションを設定することができる。
150 喧嘩格闘 獲得できる[格闘]の技能ランクは、[喧嘩格闘]のランクを超えない。
162 間合い 間合は1ターンに1回のみ使える。
187 エーテル付与 効果を1回だけ発する。しかし【操気】術者は、戦闘中(10分)付与することが出来る。 戦闘中効力を発する
220 内気功 10分経過によるランクごとの自動回復は行えない。通常どおりのチェックを行う。 10分で自動成功で回復できる。
262 エーテルウェア エーテルウエアは、本人の愛用の一着ということで、使用者のエーテルが濃密に付着し、使用者を護るものである。シーズンによってそれが変っても構わない。霊格1の霊感系のPC以外は、そのことを一切自覚していない。


©2003 ENTERBRAIN,INC.All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.