その他一覧

書籍・ムック

商品詳細

霧雨が降る森 End Over End

霧雨が降る森 End Over End

eb!store
お買い求めはeb!ストアへ

正式書名
霧雨が降る森 End Over End
著者名
(著者)朽葉つむぎ/(監修)真田まこと/(イラスト)廻田武
発売日
2015年11月30日
IDBNコード
978-4-04-730823-7
判型
B6
ページ数
320
付属品
-
定価
1080円(本体1000+税)
内容
呪いはほんとうに消えたのか?! そして新たな約束……「霧雨が降る森」ノベライズ版(上下巻)の「その後」

病院に運ばれた須賀につきそい、夢の中でシオリは気づく。須賀くんが持っていたあの夜光石は何のため? もしかして、私の記憶を消すつもりだったの――?
(第一話「一つの願い」)

二年前の、女子中学生失踪事件のことを話す佐久間。みんなが止める中、シオリは真相を調べ始める。全ては須賀のために。「私、須賀くんを諦めたくないの」
(第二話「罪の闇路に」)

資料館で保管されていた古文書の解読を目指して『歴史保存会』が立ち上げられた。しかし一冊の資料の紛失から、恨みの怨念に冒されてしまったシオリに、須賀は――!
(第三話「汚れしこの世の」)

「霧雨が降る森」ノベライズ版(上下巻)の「その後」を描いた、全三話。


ページトップへ