スマートフォン会員登録はコチラからサラブレ本誌、サラブレmobile、無料メルマガ良馬場通信があなたの競馬観戦を強力にサポート!
■サラブレmobileとは?
「サラブレモバイル」とは、ナンバーワン競馬月刊誌「サラブレ」ならではの視点による「エンターテイメントとしての競馬」の魅力を、幅広い競馬ファンにお楽しみいただける競馬情報配信サイトです。
競馬ファンがもっとも必要とするレース情報や競馬予想、競馬ニュースのみならず、美麗待受画像やユーザー参加企画を用意し、いつでも競馬を楽しむことができます。

レースの予想や結果に関する有料コンテンツ以外にも、ニュース、コラム、競馬ゲームの情報など無料で閲覧することができるコーナーを多数ご用意しております(詳細は、下記「サラブレmobile コンテンツ紹介」でご確認ください)。

ケータイ、スマホでお気軽にアクセスして「サラブレmobile」をお楽しみください!
フィーチャフォン版 サラブレモバイル
料金
月額300円[消費税等別途]
ニュースやコラムなど一部のコーナーは無料で閲覧いただけます。
アクセス方法
▼iモード
メニューリスト→趣味/スポーツ→パチ&スロ/公営競技・くじ→競馬→サラブレモバイル
▼EZweb
EZトップメニュー→カテゴリ検索→公営競技・遊戯情報→競馬情報→サラブレモバイル
▼Yahoo!ケータイ
メニューリスト→趣味・レジャー→競馬・公営競技→サラブレモバイル
○空メールで簡単アクセス 【 ad@sarabure.net 】
上記アドレスに空メールを送ってください。すぐに「サラブレモバイル」のurlを返信します。ドメイン指定受信をされている方は、空メール送信前に【sarabure.net】のメールを受け取れるように設定してください。
スマートフォン版 サラブレモバイル
料金
月額500円[消費税等別途]
ニュースやコラムなど一部のコーナーは無料で閲覧いただけます。
スマートフォン版独自のコンテンツもあります
アクセス方法
■主なコンテンツ
馬券分析
おトクな出馬表
<毎週土日・午前更新><有料情報>
「開幕週が得意」「内枠は苦手」など、競馬新聞には掲載されていないような出走各馬の特性を掲載した出走表。激走がありそうな穴馬には「穴ぐさ」マークを付けています。
メインレースの考え方
<毎週金土・夜更新><有料情報>
各場のメインレースについて、出走各馬の分析やレース攻略を指南。過去のレース傾向と照らしあわせて、人気馬の危険度や面白そうな穴馬探しもしています。
週末レース情報室
<毎週日曜・午後更新><有料情報>
「今週の波乱レース指数」ではWIN5対象5レースのそれぞれの波乱度を予想。「厳選! WIN5で買いたい馬」では3人の選者による評価と競馬場適性、騎手のデータから出走各馬を分析。
スマホ限定コンテンツ
<スマートフォン限定><有料情報>
「WIN5白書」では過去のWIN5の傾向分析から、毎週の各レース出走馬の中から押さえておきたい馬をピックアップしています。「本日の100%ホース」では各出走馬の実績を分析。
連載コラム
先読みトーク
<毎週金曜・夜更新><無料情報>
金満血統王国の長老と大臣が週末の重賞に関してレース傾向や気になる馬などを語り合います。また、前週のプチ回顧も次走に向けての参考になる話題が豊富。
穴ぐさ・傾向&対策
<毎週水曜・午後更新><無料情報>
推奨する「穴ぐさ」の馬がより激走しやすいレース条件を分析。本コーナーを読むことで、よりピンポイントで「穴ぐさ」を活用することができます。
発掘データ箱
<有料情報>
騎手、厩舎、血統、コースなどのデータを発掘して分かりやすく解説。「ダービーで内枠の1番人気は信頼度がかなり高い」など、役立つ実戦的データが盛りだくさん。
血統バカ一代
<毎週水曜更新><有料情報>
週末に行なわれたレースを元に、血統の特徴をわかりやすく綴るコラム。血統初心者もこのコーナーを読めば血統の面白さ・奥深さが分かります。担当は金満血統王国・歩兵。
読み物系
速攻レースインプレッション
<随時更新><無料情報>
毎週末の重賞レース終了後に、それぞれのレースを回顧。レース展開、出走各馬の走りについての分析も盛り込み、次の馬券に繋がるポイントも分かりやすくまとめています。
トレセンうらばなし
<無料情報>
「あの馬にまつわる、ちょっといい話」や「トレセンでいまホットな話題」など、美浦・栗東の両トレセン直送の話題をお届けしています。
西塚助手のなんでも聞き出しまっせ
<無料情報>
美浦・尾関知人厩舎の西塚信人調教助手の連載コラム。騎手や調教師など競馬関係者をゲストに招いた対談や、読者からの質問にズバリお答えしたりなど読み応え満点。
アイルランド厩舎通信
<無料情報>
日本からアイルランドへと海を渡り挑戦する、日本馬と児玉敬調教師の活躍をリポート。児島師の目を通して分かる海外競馬のトレンドにも注目!
穴ぐさ実績
「穴ぐさ」とは?
サラブレ編集部が毎週土日に厳選して推奨している穴馬のこと(土日朝9時頃発表)。各馬の血統や枠順、馬場適性や騎手との相性、レースの展開などを予想して、推奨理由とともに掲載している。1レース最多3頭で、穴馬の激走がなさそうなレースでは推奨していない。
19年5月12日 新潟競馬場 芝1800m 良
11R 赤倉特別(1000万)
ジャーミネイト
単勝18.7倍(9番人気) 3着
川又 騎手

近3走はGGL着だが、2〜3走前は休み明け3〜4戦目、3ヵ月ぶりの前走は阪神で、いずれも現級では馬券圏内のない条件だった。今回は中3週だが、休み明け2戦目が直線平坦コースだとAA着で、4走前に現級A着がある。4走前に新潟芝外2000mで500万を勝っていて、その時はバイオスパーク(後に芝1000万でA着)を下しているから、ここで変わり身を期待するのは悪くないはず。


19年5月12日 新潟競馬場 芝1400m 良
7R 500万
ノーブルアース
単勝15.1倍(9番人気) 2着
川又 騎手

近5走はダートを使われて馬券圏外に敗れているが、直線平坦の芝は@A着で、芝1400mは現級A着に好走した7走前だけになる。芝は2〜5月だとBBFA着(F着はOP)で、新潟でデビュー勝ちしていて、休み明けでも馬券圏内があるから、3ヵ月ぶりでも今回の条件ならチャンスがあっていいはず。川又騎手は新潟芝で父サンデー系の馬に騎乗だと[2.5.2.20](複勝率31.0%)。


19年5月12日 新潟競馬場 ダ1800m 良
6R 未勝利
トラストシンゲン
単勝36.3倍(10番人気) 1着
斎藤 騎手

ダート1800mで減量特典騎手が騎乗したのは2走前(中山)だけで、その時は早めに進出して直線で一旦先頭に立ったが、最後の急坂で甘くなった感じで0秒2差(C着)だった。今回は初の新潟だが、脚質的に直線平坦コース替わりはプラスに働きそうで、近親のゼンノスサノヲ、タガノアーバニティはこのコースで勝ち鞍がある。展開が噛み合えば出番があっていいはず。


19年5月12日 京都競馬場 芝1200m 良
12R 1000万
ワールドフォーラブ
単勝10.7倍(6番人気) 3着
和田 騎手

前走(C着)はワンパンチが利かなかったが、2ヶ月半ぶりで稍重馬場だった。過去3勝は良馬場の芝で挙げていて、休み明け2戦目はBA@着だから、中3週で乾いた馬場となれば前走から斤量増でも悪くなさそう。和田騎手は前走に続いて2度目の騎乗で、同騎手は京都芝1200mで1〜3枠の馬に継続騎乗だと[6.6.4.26](複勝率38.1%)。C


19年5月12日 京都競馬場 ダ1400m 良
11R 栗東S(OP)
リアンヴェリテ
単勝13.5倍(7番人気) 2着
国分恭 騎手

過去のB着以内は9頭立て以下か馬番7番より外枠で、14頭立てで最内枠だった前走(L着)よりも8枠13番の今回の方が良さそう。中央ダートは馬番7番より外枠だと[3.1.2.1]で、馬券圏外は1800mで序盤に被されて先行できなかったもの。ダート1400mでも休み明けでも勝ち鞍がある馬で、国分恭騎手とは1戦1勝でもあるから、2ヶ月ぶりでもハンデ54kgで外からスムーズに先行できれば。


19年5月12日 京都競馬場 ダ1800m 良
8R 500万
セヴィルロアー
単勝14.3倍(5番人気) 2着
松山 騎手

近走は馬券圏外が続いているが、2〜8走前は不良馬場やダート1400mや1700mで、好走歴のない条件だった。ダート1800m以上は不良馬場の時を除くと[1.2.2.6]で、良〜稍重馬場で馬番6番以内の時に限ればAB@BC着。そのC着が前走だが、前走は2ヶ月ぶりで早めに動き、差し馬の台頭に遭ったもの。勝ち鞍を挙げた時と同じ中2週替わりは良いだろうから、この条件で流れが合えば。


19年5月12日 京都競馬場 ダ1400m 良
7R 500万
メイショウヴォルガ
単勝6.3倍(3番人気) 1着
太宰 騎手

前走(M着)は8ヶ月半ぶりで26kg増(510kg)だったし、1700mは距離が長い可能性もありそう。過去12戦は、1400mだと[2.0.0.3]で、1700m以上だと[0.0.1.6]。ダート1400mは左回りだとHK着だが、右回りだと@C@着で、このコースで一度現級を勝っている。過去2勝は道悪ダートだが、馬格のある馬で乾いたダートがダメとも思えないので、中4週でのこの距離でスピードを活かせれば。


19年5月12日 東京競馬場 芝2000m 良
10R プリンシパルS(OP)
エングレーバー
単勝11.3倍(7番人気) 2着
川田 騎手

きさらぎ賞(G着)は中3週で体が減り(4kg減の452kg)、序盤に行きたがっていた。過去2勝はデビュー戦と休み明けの時で、気性面を考えても3ヶ月ぶりに替わるのは悪くなさそうで、中内田厩舎の牡馬は芝OPで休み明けだと[5.0.2.6](複勝率53.8%)。芝2000mが2戦2勝で、母母父がトニービンという馬なので、東京コースに適性があっても良さそう。先週中止の影響なく、落ち着いて臨めれば。


19年5月12日 東京競馬場 ダ1600m 良
9R 青竜S(OP)
ニューモニュメント
単勝36.7倍(8番人気) 3着
福永 騎手

前走(H着)は前残りで展開不向きだったが、メンバー中最速の上がり36秒2で伸びていたから調子は悪くなさそう。中3週以内は@D@A着で、臨戦間隔は前走(中6週)よりも今回(中1週)のほうが良いはず。東京ダート1600mは1戦1勝。2走前(A着)はヴァニラアイス(端午S@着)に先着していたから、実績ある条件で差しの利く展開になれば巻き返しがあっても。


19年5月12日 東京競馬場 芝1400m 良
5R 500万
シャドウセッション
単勝13.4倍(6番人気) 2着
岩田康 騎手

500万は近4走で掲示板外(FGFJ着)だが、4&2走前と前走はふた桁馬番、3走前は出遅れて前残りとなっていた。ひと桁馬番に入った時はA@G着で、連外は3走前だけ。未勝利勝ちしたのは新潟芝1400mで、東京芝1400mで3枠3番というのは好条件のはず。A着時はケイデンスコールと0秒2差で、500万通用の力もありそうだし、発馬五分でソツなく運べれば。


≪前10件 / 次10件≫